TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

定年までに1億円達成へ

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330065646j:plain

定年まで1億円は誰でも可能


おはようございます。TAROです。

 

本日は「定年までに1億円達成へ」についてです。

 

まず、長期投資をするうえで、アインシュタインが「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」と述べた「複利」について知っておく必要があります。

 

金利は「単利」と「複利」の2種類があります。

 

それぞれの仕組みの違いを簡単に説明します。

 

元本100万円、利息10%(年利)の設定とします。

 

 

1.単利と複利の違い

 「単利」:預けた元本のみに利息がつく

 単利は、元本に対してのみ利息がつくタイプです。

 

例えば100万円預けて年利が10%の場合、1年間の利息は10万円になります。

 

そして2年目も元本100万円に利息がつくので、利息分は10万円になります。

 

つまり2年間合計して20万円の利息になります。

 

「複利」:元本+利息に利息がつく

 

複利では、元本に利息が追加され、この利息を足した元本に利息を計算していくことになります。

 

例えば100万円預けて年利が10%の場合、1年間の利息は10万円ですが、2年目は「元本(100万円)+利息(10万円)」の合計「110万円」となります。

 

このため2年目は110万円預けて年利が10%となり利息は11万円となります。

 

単利と比べて、2年目ですでに1万円の差がでています。

 

 *エクセルでの複利計算は=元本*(1+利率/100)^期間で計算できます。

 

2.単利と複利の2年目以降どの程度の差がつくのか

  ≪複利≫右側()に単利との差を記載

1年目:110万円

2年目:121万円(+1万円)

3年目:133万円(+3万円)

4年目:146万円(+6万円)

5年目:161万円(+11万円)

6年目:177万円(+17万円)

7年目:194万円(+24万円)

8年目:214万円(+34万円)

9年目:235万円(+45万円)

10年目:259万円(+59万円)

20年目:672万円(+372万円)

 

40年目では4,500万円を超えます。

 

複利の凄さを認識したところで、実際に複利シミュレーションをやってみます。

 

3.定年(65歳)までに複利で1億円達成へ

 資産運用するにあたり下記の4つの項目が重要となります。

 

①初期投資額

②積立額(月)

③想定利回り(%)

④運用年数

 

今回は

初期投資額0円、想定利回り5%で計算し

65歳までに1億円達成するための、積立額(月)の計算をします。

 

18歳から投資した場合:約45,000円

22歳から投資した場合:約56,000円

30歳から投資した場合:約89,000円

35歳から投資した場合:約12,100円

40歳から投資した場合:約168,000円

45歳から投資した場合;約244,000円

 

20歳代からコツコツ積立投資を始めれると1億円への道が簡単だとわかります。

 

今回は初期投資額0円と設定しています。

 

なるべく初期投資額は多くしたほうが有利なのは間違いないとこです。

 

もちろん毎月の積立額を減らすことが可能となります。

 

4.まとめ

 

 

 複利はアインシュタインが「人類最大の発明」だと述べています。

 

複利は時間を掛ければ掛けるほど、雪だるま式に大きくなります。

 

人の時間が有限である限り投資は早く始めることが大事ですね。

 

 

 

 「つみたてNISAはこれで決まり」はこちらの記事です。

www.taro-asset.com