TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

先手必勝!節税効果抜群の生前贈与!!

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330063008j:plain

出口も大切。贈与は生前で決まり


おはようございます。TAROです。

 

本日は、「先手必勝!節税効果抜群の生前贈与!!」についてです。

 

 

先手必勝の生前贈与

 早く対策を開始した人が得する相続対策。

 

節税効果が大きい、生前贈与の仕組みについてです。

 

相続税を減らすには配偶者や子あるいは孫などに生前贈与すると得をする仕組みとなっています。

 

生前贈与は金融資産が多い人に適した減税対策であるため、積極的に活用し資産を賢く贈与しましょう。

 

生前贈与課税には「暦年贈与」「相続時精算課税の特別控除」「居住用不動産贈与の配偶者控除」「教育資金一括贈与非課税制度」「住宅取得等資金贈与の特例」があります。

 

生前贈与5つのルール

 1.「暦年贈与」

年間110万円までの贈与は非課税になります。

 

相手は誰でも何人でも可能と使い勝手抜群です。

 

コツコツと続け相続財産総額の減少を目指せます。

 

贈与の証拠を残すため口座から口座に移すことをオススメします。

 

2.「相続時精算課税の特別控除」

60歳以上の人が20歳以上の子か孫に計2500万円まで無税で贈与することが可能となっています。

 

課税は相続時に贈与時の評価で他の相続財産と合わせ精算されます。

 

大きな金額を贈与できるため不動産を子に贈与する場合などに活用するケースが多いです。

 

「暦年課税」の基礎控除と併用は出来ません

 

3.「居住用不動産贈与の配偶者控除」

婚姻20年以上の配偶者への居住用不動産の贈与は2000万円まで非課税になります。

 

居住用不動産の購入資金贈与も対象に。

 

暦年課税の基礎控除の併用は可能です。

 

一生に1回2000万円までとなります。

 

4.「教育資金一括贈与非課税制度」

30歳未満の子や孫、1人1500万円まで教育資金の贈与が非課税になります(習い事は500万円まで)。

 

30歳時点の残金に贈与税がかかります。

 

信託銀行などの専用口座が必要となります。

 

5.住宅取得等資金贈与の特例

20歳以上の子や孫に住宅所得や一定の増改築費用のための資金を贈与した場合に非課税になります。

 

省エネ基準を満たした優良住宅で最大1200万円です。

 

生前贈与の重要ポイント

 贈与の利用目的が自由なのは「暦年贈与」と「相続時精算課税」の2つです。

 

「暦年贈与」と「相続時精算課税」の2つは併用出来ず、途中からの切り替えも出来ません。

 

両方の特徴を理解し、相続税を間違いなく減らせる制度を選びたいです。

 

生前贈与の注意点

  •  生前贈与はする側・される側が贈与と認識し証拠を残す必要があります。必ず契約書を交わし、毎回金融機関で振り込みます。
  • 死亡前3年以内の贈与は相続財産として扱われます。
  • 受贈者は通帳や印鑑などを自分で管理する必要があります。これにより隠し財産ではないことが示されます。
  • 生前贈与を過大にした結果、老後の生活費が不足するケースもあるようなので注意が必要です。

 

まとめ

生前贈与はいち早く対策を開始した人が得する制度です。

 

「暦年贈与」は特に万人向けで使い勝手が良いです。

 

ルールを把握し、相続税を間違いなく減らせる制度を選びたいです。

 

 

 

「投資におけるリスクとは危険性ではなく値動きの大きさ」の記事はこちらです。

www.taro-asset.com