TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

ハイパーインフレは日本でも発生している!

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330063815p:plain

ハイパーインフレはどこの国でもありえる


おはようございます。TAROです。

 

本日は「ハイパーインフレは日本でも発生している」についてです。

 

 

ハイパーインフレは日本でも過去に発生している

 「インフレ」は物価が上昇することを、「デフレ」は物価が下降することを指します。

 

ハイパーインフレとは、インフレの概念が意味をなさなくなるくらいに物価が急激に上昇することを指します。

 

1年で物価が2倍や3倍にもなるなど、急激に物価が上昇します。

 

日本でも第二次世界大戦後の経済混乱により、わずか4年で物価が100倍になるというハイパーインフレが発生しました。

 

物価が100倍になったということは通貨の価値はそれだけ減ったということです。

 

例えば、100万円で売っている車が4年後には同じ車なのに1億円を払わないと買えないほど通貨の価値が下がったのです。

 

紙幣はただ同然の印刷物

1万円札の製造コストは約20円です。

 

紙幣は印刷物なのです。

 

20円で出来た紙幣がなぜ1万円の価値をもつのかは、通貨に対して政府や中央銀行が額面どおりの価値を保証し、政府や中央銀行を市場の参加者が信用しているからです。

 

この信用がなくなると、通貨の価値は暴落して、物価が上がります。例えば通貨供給量をコントロールし借金をしすぎないなど適切な運営が出来ることで信用を得ます。

 

日本は借金大国

日本政府の借金量は世界でも最悪レベルとなっています。

 

しかし、日本に対する信頼が今までは揺らいでいません。

 

その理由に良く言われているのが、日本の個人資産が超巨大で、すべて国内で政府債務が消化されていることです。

 

実は他にも重要な理由があります。

 

日本が長期デフレ(やっと緩やかなインフレ)状態が続いたことで、貯蓄の実質金利が高く過剰貯蓄状態にあることです。

 

*貯蓄の実質金利とは預金の利率から物価上昇率を差し引いた金利。日本の預金金利は非常に低いことが取り上げられるが、日本は物価上昇率がマイナスの長期デフレであったことで、その分貯蓄の実質価値が増えるため、実質金利は高いのです。

 

つまり、借金量は増え続けて個人資産が減少し、インフレが続くなどの要因が重なりあうと日本の信用不安が起きかねないということです。

 

 

インフレ対策の一つに海外投資

日本で信用不安が起きると、円の価値が下落しインフレになってしまいます。

 

そして、インフレになると貯金などの金融資産は実質価値が目減りすることにより、生活水準を落とす必要があります。

 

このインフレ対策の一つとして外貨資産をもつことでその影響を少なく出来るのです。

 

インフレ対策にも海外投資がオススメということになります。

 

まとめ

今後、日本経済が崩壊しハイパーインフレが到来するという意見もあります。

 

ハイパーインフレにはならないとしても、最低限インフレには対応しないといけません。

 

不透明な未来においても、自分の生活を守り抜くために、海外投資が必要なのです。

 

 

 

「投資によってお金に働いてもらう」についての記事はこちらです。

www.taro-asset.com