TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

なぜ、日本国内の投資だけではダメなのか?

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330030028j:plain

日本の将来は明るいのか?


おはようございます。TAROです。

本日は「なぜ、日本国内の投資だけではダメなのか?」についてです。

 

 

海外の国は日本より実質成長率が高い国が多い

国の株式相場全体のリターンは、基本的にはその国の経済成長率にリンクするため、日本よりも実質成長率が高い国の株式の方がより高いリターンを得られる可能性が高いです。

 

そして、海外と比べて日本の実質成長率は低いです。

 

つまり、株式相場全体のリターンでは国内株式のリターンを外国株式のリターンが大きく上回ってきましたし、今後もその可能性が高いです。

 

また、長期に投資すれば、市場が乱高下すれリスクも一定程度、穏やかにできます。

 

資産全体のリターンを安定化させる効果

 日本株式や債券よりも期待収益率の高い外国株式や債券に投資を行うことによって、投資全体のリターンを高めるという方法の他に重要な役割があります。

 

それは、自国だけでなく海外の資産に広く投資することにより、投資全体のリターンを安定化させる効果があり、ボラティリティを低減させ、リスクを減らす効果が期待できるというメリットがあります。

 

海外投資はリスクが高いのではなく、リスク軽減出来るということになります。

 

逆にいえば国内株式のみではリスクが高いということになります。

 

複数の異なる国の株式に投資することで、景気の循環サイクルが異なる国に投資することで、それに株価の上下動の分散効果が得られ、結果として投資リターンが安定することになるのです。

 

国内株式のメリットは身近な企業を投資対象に出来ることぐらいい?

 

国内株式は日本人には誰もが知っている有名企業が多く、投資対象が分かりやすいのが特徴です。

 

しかし、世界全体でみると日本企業は上位にはランクインしていませんし、勢いはありません。

 

身近な企業でも停滞していては、投資対象としては良くありません。

 

また、海外株式に投資をすると為替の影響を受けやすいため、その点日本株は安心できると良く言われます。

 

しかし、今後為替がどのような動きをみせるのか分からないためメリットにもデメリットになる可能性があります。

 

日本国内に住んでいて日本の資産をもってる日本人がリスク回避のために海外投資をすることにより分散を図るのです。

 

国内株式を購入する必要性があまりないでしょう。

 

日本経済がイケイケドンドンであれば別ですが。

 

まとめ

海外株式は国内株式より高いリターンを見込めます。

 

海外株式はリスクが高いイメージがありますが、むしろリスクを軽減します。

 

日本人は、積極的に海外投資をして資産を分散しましょう。

 

 

 

 「銀行預金は安全資産ではなくリスク資産」についての記事はこちらです。

www.taro-asset.com