TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

マイホーム購入は危険!!

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190329044056j:plain

日本人はマイホームを買う前提で考えている

 

おはようございます。TAROです。

 

本日は「マイホーム購入は危険!!」についてです。

 

マイホームを簡単に購入すること、そもそもマイホーム購入することを前提としていることの危険性についてです。

 

 

35年ローンなんて正気の沙汰じゃない

まず、TAROは住宅購入に関して否定派ではりません。

 

住宅購入はお金では計れない幸福感があることも事実ですし、結婚後に住宅購入したい気持ちも十分に理解できます。

 

しかし、住宅購入を”簡単に”考えている人が多いのも事実です。

 

高収入、資産持ちであれば話は別ですが、普通の一般会社員であれば、迷わず購入するのが正解のケースは比較的少ないと思います。

 

例えば年収400万円の貯金400万円で4000万円の新築を購入するような無謀な計画を立てる方が非常に多いのが現状です。

 

まだ貯金があるだけマシで、頭金0で住宅を購入してしまうなんて良くある話になっています。

 

35年ローンなんて当たり前になっていますが、その選択をしている時点で35年間は”マイホーム”ではなくて”ローンホーム”です。

 

住宅ローンは借金です。

 

「借金ホーム」ということになります。 

 

仮に現在35歳だとして70歳まで借金に拘束されることを自分で選択するなんて、正直いって正気の沙汰じゃありません。

 

10年後の日本の未来も、自分自身の状況も分からないのに、35年間借金が確定することをどう考えますか?

 

下手したら人生終わってしまいます。

 

日本人はマイホームを買うことが前提となっている

日本人は、株式投資はリスクが高いという認識である一方でマイホームは簡単に購入します。

 

日本人は住宅を購入することにより資産配分が偏っていることが多いです。

 

リスク分散に失敗する一番の理由は、実は不動産です。

 

日本人はマイホームを買うことが前提で、次に株式などへの投資を考えるわけですが、マイホームを買った時点で資産のほとんどが不動産になっています。

 

しかも、住宅ローンを借りてレバレッジまでかけています。

 

これは株式取引の信用取引と同じで、地価が下落すると損失が膨らんでしまいます。

 

資産運用の理論的には、不動産投資REIT(不動産投資信託)で保有し、株式や債券に分散するのが正しいことになります。

 

マイホームを購入した時点で、国内資産が大きなウェートを占めていることを理解する必要があります。

 

あなたが世界中にある小さな一つの国に過ぎない日本で、一つの家を購入するということは”超集中投資”であり、多くの場合では住宅ローンなどを借りて自分の資産以上にBETしていることがどれだけのリスクなのか考えたことはありますか?

 

いくらぐらいの金額の住宅を購入するか検討する際に、住宅ローン審査を通る金額がいくらかで決めるのは論外で、住宅ローンがいくらなら返せるのかを検討するのがベストなんて言われています。

 

しかし、それでは不十分で資産配分という視点と住宅の価値は下がり続けることをしっかり検討する必要があるということです。 

 

 

 

 

まとめ

日本人は住宅購入により資産配分が国内に集中しています。

 

住宅ローンを組めばさらにレバレッジまでかけておりリスクは高まります。

 

適切な資産配分をもう一度考えてみましょう。

 

 

 

 

 「銀行預金は安全資産ではなくリスク資産」についての記事はこちらです。

www.taro-asset.com