TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

「103万円の壁」は気にせず働こう

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330071754j:plain

あれこれ気にせずに、まずは働こう

 

こんばんは。TAROです。

 

本日は「年収の壁まとめ」についてです。昔からよく耳にする「103万円の壁」。

 

主婦(パート・アルバイト)をする際に月に8〜9万円程度に給料をセーブして年間103万円以上働かないようにする人が多いため、よく聞く言葉かとおもいます。

 

しかし、103万円の壁以外にもいくつもの壁があり、税制改正によりその他の壁を正しく理解する必要があります。今回、年収の壁をまとめました。

 

 

100万円の壁

住民税が発生し納税する必要が生じます。仮に101万円の年収となった場合でも1万円以上の住民税はとられませんそのため、負担が少ないと考えられているのかあまり「100万円の壁」は聞かないですね。

 

103万円の壁

所得税が発生し納税する必要が生じます。2017年までは主婦の年収が103万円以下であれば、夫には配偶者控除(38万円)が適用されていました。

 

この配偶者控除の適用により夫の節税対策が可能です。仮に104万円の年収になってしまうと世帯の収入が103万円の時より低くなってしまうという問題が生じるため、103万円を超えないように働くとしている人が多いのです。

 

所得税発生とのダブルパンチとなります。そこで配偶者控除の制度が見直されました。

 

2018年からは150万円以下なら配偶者控除が適用されるようになりました。所得税は103万円を超えると発生します。

 

この制度変更により「103万円の壁」は大きな壁ではなくなりました。

 

106万円の壁

勤務先(従業員501人以上)によっては社会保険料を納める必要が生じます。

 

厚生年金・健康保険を会社と折半して加入することになり手取りが減ることになりますが、それ以上にメリットが高い(将来の年金が増えるなど)です。

 

130万円の壁

社会保険料を納める必要が生じ、夫の扶養から外れることになります。

 

130万円を超えた場合、必ず社会保険料を納め扶養から外れるため影響は大きいです前述通りに将来の年金が増えるなどメリットもありますが、手取りが大きく減るために損していると感じる人も多いでしょう。

 

150万円の壁

103万円の壁の項で書いた通り150万円以下までは配偶者控除が受けられるようになりました。*夫の年収が1120万円以下の場合。

 

150万円を超えると配偶者控除は受けられません。

 

201万円の壁

主婦の年収が201万円以下であれば配偶者特別控除を受けることが出来ます。年収150万超えから201万円まで段階的に区分され控除額が変わります。

 

年収が増えると控除額が減っていきます。

 

まとめ

103万円の壁はあまり意識しなくて良い

現在は130万円の壁の影響が大きい

国は主婦にも社会保険料を納めるように進めている

 

*子育てなど元々働く時間をセーブしたいなどの別の理由があるならば、この壁を意識する必要があると思います。しかし、この制度があるからという理由で仕事をセーブするのは非常にもったいないと思います。

 

年収400万円稼げる能力ある人が年収を130万円にするということは、非合理的かと思います。制度もいつ変わるか分かりませんしね。