TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

マネーリテラシーを高める

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330071958p:plain

投資は合理的に考えよう


おはようございます。TAROです。

 

本日は、「マネーリテラシーを高める」についてです。

 

2つの簡単な質問があります。

 

直感でA or Bでどちらかを選択してみてください。

 

 

質問1

会社で「特別賞与」が出ることになりました。その受け取り方法として2つの選択肢があります。あなたたらどちらを選びますか?

 

A:必ず80万円もらえる。

 

B:100万円もらえることもあるが、15%の確率で0円。

 

 

質問2

 会社で事業に失敗し損失を補填する事となりました。その支払い方法として2つの選択肢があります。あなたたらどちらを選びますか?

 

A:80万円を支払う

 

B:100万円を支払うが、15%の確率で全く支払わなくてもよい

 

 

さて、あなたはどのような答えになりましたか?

 

 

 

質問1はA、質問2はBを選びませんでしたか?

 

 

質問1の場合はAを選びやすいです。

 

Bでは15%の確率で全く貰えないこともあるため、損してしまうと考えるためです。

 

質問2の場合はBを選びやすいです。

 

Bでは15%の確率で全く支払わないこともあるため、得することもあると考えます。

 

これで分かることは

 

人を動かすのは確率ではなく心理である」ということです。

 

このように「得」と「損」の計算であっても、多くの人は確率的な判断をせず、非合理的 な選択をします。

 

 *株式投資でも利益確定は早くしてしまい、損切りは躊躇して遅れるのもこのためす。

同じ金額であれば、人の感情は得た時の喜びよりも、損をした時の不快感の方が大きくなります

 

 

では質問1と質問2はどのような答えが正解でしょうか?

 

合理的に考えてみましょう。

 

質問1、2の場合、損得を確率で考え期待値を出します。

 

質問1では期待値はAが80万円、Bが85万円(100万×85%)ですから期待値が高いのはBとなります。

 

質問2では期待値はAが-80万円、Bが-85万円(-100万×85%)ですから、Aが正解となります。

 

答えは、質問1→B、質問2→Aとなります。

 

この確率的期待値を考えることは有効な手段です。

 

A・Bを選んだ人は「損切は早く、利は伸ばせ」の真逆の行動です。

 

株式投資など資産形成を行っていくためにはB・Aを選べるように合理的な考えを持てるようになりたいですね。

 

今回一番大切なことは「自分の癖を知る」ことです。

 

癖を知ることで考え方が変わり見え方も変わってきます。

 

TAROはあまり深く考えなくて良い(時間効率が良い)低コストの海外インデックスファンドor海外ETFをおすすめしており、何も考えずに購入しています。(笑)

 

しかし、高配当株投資、タイミング投資、短期中期投資、デイトレードなどをされている方は、重要な自己判断をする時期があると思いますので、とくにこのような合理的な考え方は重要になるのではないでしょうか。