TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

M&AとTOBが株価に与える影響

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

f:id:taro-asset:20190330071838j:plain


おはようございます。TAROです。本日は、「M&AとTOBが株価に与える影響」についてです。

 

 

M&Aとは

M&A(Mergers and Acquisitions)は英語のMergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。複数の企業を一つの企業に統合したり(合併)、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりする事(買収)をいいます。

 

M&Aには合併や買収、株式譲渡、事業譲渡などの手法があります。過去には村上ファンドやホリエモン率いるライブドアによる日本放送の敵対的買収などの印象が残っている人が多いのではないでしょうか。

 

TOBとは

TOB(Take Over Bid)は、「株式公開買い付け」の略称です。上場企業の発行する株式をあらかじめ買い付け期間、買い付け株数、買い付け価格を提示して、不特定多数の株主から通常の市場売買でなく市場外で一括して買い付ける制度のことを言います。

 

TOBは、主に上場会社買収や経営権をにぎるために使われます。一定の大規模な株券などの買い集め行為に対しTOBを実施することが義務づけられています。

 

M&Aが株価に与える影響

通常、ある買収企業が被買収企業にM&Aを行う場合、被買収企業に買収プレミアム(市場価格と買い付け価格の差)を乗せた設定にするケースが多いです。プレミアム価格をつけないと、既存株主が株式を売却しない為、M&Aが成立しないことになります。

 

よってM&Aの動きが表面化した場合には、被買収企業の株価は急騰するケースが多いです。また、友好的買収より敵対的買収の方が株価に与えるインパクトは大きくなります

 

買収を避けるために、既存株主が売却しないように株価を上げる目的に大幅増配などが実施されたり、「ホワイトナイト」が登場してTOB価格の引き上げ合戦が行われたりします。

 

ホワイトナイト(White knight)とは

敵対的買収を仕掛けられた対象会社を、買収者に対抗して、友好的に買収または合併する会社のこと

 

これは、企業防衛策の一つで、白馬に乗った騎士が企業を助けるといったイメージから来ています。買収者に対抗して、友好的な対応ができる会社は、対象会社より大規模で資金力のある会社であり、防衛手段としては、買収者よりも高い価格でTOBをかける(カウンターTOB)、もしくは、対象会社の第三者割当増資を引受けるなどが考えられる。

 

つまり、敵対的買収を仕掛けられた際に、別の友好的な第三者に買収などを働き掛ける企業防衛策であり、敵対的買収の際に自ら新たな買収者を選択することで、敵対的買収者から身を守ることを目的としています。ただし、自社を売却するという覚悟が必要となります。

 

 TOB対象となった銘柄の株価は

TOBに応募すれば通常よりも高い価格で売却する事ができます。投資家がTOBの対象会社の株式を買い集めるため、TOBが公表されると対象会社の株価はTOBの価格に向けて上昇する場合が多いです。

 

上記にあるように敵対的TOBにより、TOB合戦が発生すればさらに株価は上昇します。

 

TOBを実施すると、買収される会社側は基本的に上場廃止となる

未上場の株式を保有していると、流動性が悪化し簡単に売却が出来なくなります。TOBの対象となる株式を保有している場合の対応法は3つあります。

  1. TOBに申し込む
  2. 市場での売却
  3. 保有を続ける

 

(1)TOBに申し込む

TOBに応募すれば、通常よりも高い価格で売却する事が出来る為、投資家にとっては大きなメリットです。ただし、TOBが中止・不成立になった場合は買い取ってもらえないリスクがあります。

 

(2)市場での売却

TOBの応募期間中に、通常通り市場で株式を売却する事も可能です。TOBへの応募とは違い手続きが不要である上に、TOBの価格以上で売却できる場合もあります。

 

通常、株価は買付価格に近い価格で推移することがほとんどです。TOBに申し込まず、株式市場にて通常の売買取引により売却すればTOB買い付け価格に近い価格で売却できます。

 

市場で売却することのメリットは、TOBが中止・不成立になることで株価が下落するリスクを回避出来る事です。

 

TAROは”市場での売却”を推奨します。

 

(3)保有を続ける

TOBに応募せず保有を続けるという選択肢もありますが、TOBが成立した場合、TOBに応募しなかった株主が保有する株を強制的に買い取ることになっているからです。

 

これはいわゆる「二段階買収」と呼ばれるものです。つまり、保有を続けたとしても、TOBの買付価格と同水準で強制的に買い取られてしまいます。

 

まとめ

TOBに応募すれば通常よりも高い価格で売却する事ができます。

敵対的TOBにより、TOB合戦が発生すればさらに株価は上昇します。

TOBの対象となる株式を保有している場合の対応法として市場の売却を推奨します。