TAROの資産形成

未来に備えるために今すべきこと

インベストメントで世界経済成長の果実を手にしよう

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします(>_<)

おはようございます。TAROです。

本日は「インベストメントで世界経済成長の果実を手にしよう」についてです。

 

 

 

f:id:taro-asset:20190324222738j:plain

時間を味方にして資産形成をしよう

 

日本人はトレーディング思考

株式投資を行う場合には短期売買で儲けを出す方法と長期投資の2つの方法が考えられます。

 

トレーディング(短期売買)とインベストメント(長期投資)ですね。

 

雑誌やTVでは一般的にトレーディングの手法を紹介されていることが多いです。つまり、「安く買って高く売る」ということです。

 

それを繰り返して「1年で10倍になりました」「テンバーガー銘柄」などの本や雑誌が並んでいます。

 

そのため、「まだ誰にも気づかれていない、今後値上がりが期待出来る銘柄」を選別することが株式投資だと思っている人が非常に多いのです。

 

雑誌などで「今年上がりそうな10銘柄」と紹介されると実際に株価は上がります。

 

しかし、その一般の個人投資家に情報が伝わった時点で誰にも気づかれていないお宝銘柄ではないのです。日本では「銘柄の選択」が運用成績を大きく左右すると信じられています。

 

そして、もう一つ「売買のタイミング」で儲けること、つまりタイミング投資を信じている人が多いです。

 

Aという銘柄を100円で買って200円で売れば資産が2倍になるという考え方ですね。

 

株式投資をしていない一般の方でもこのようなイメージがあるのではないでしょうか。

 

このように、日本人の投資感覚では「銘柄の選択」と「売買のタイミング」で儲けることが株式投資と考えるのが一般的なのです。

 

実際に安く買って、高く売れば儲かりますし、実際にその手法で儲けを出した人が称賛を集めています。

 

しかし、これは短期売買のケースの場合です。

 

短期売買では儲けた人がいる以上に損をした人がいます。

 

どうしたら一般投資家の私たちに「お宝銘柄の情報」が「割安な価格の時」に情報が入るのでしょうか?一般投資家に情報が入っている時点で旬はすぎています。

 

短期売買は簡単に言ってしまえば投資のプロ向けなのです。

 

一般投資家が短期売買を繰り返していると火傷します。

 

インベストメントで世界経済成長の果実を手にしよう

短期投資が危ないことは分かって頂けましたでしょうか?

 

個人投資家はインベストメント(長期投資)が基本です。

 

インベストメントにおいては、「銘柄の選択」や「売買のタイミングの選択」がパフォーマンスに与える影響はわずかであり、アセット・ロケーション(資産配分)がパフォーマンスのほとんどを決めるといわれています。

 

どのアセット・クラスをどの程度組み入れるかということが、運用の結果を決めてしまうことになります。

 

あなたのアセット・クラスに「外国株式」は入っていますか?

 

どの程度の割合で入っていますか?

 

アセット・ロケーションで勝負の9割は決まっているのです。

 

まとめ

 「銘柄の選択」と「売買のタイミング」が重要なのは短期投資の場合で長期投資では影響が少ないです。

 

短期投資は投資のプロ向き、個人投資家は長期投資(インベストメント)をしましょう。

 

長期投資ではアセット・ロケーションで勝負が決まります。

 

 

 「株式投資〜分散投資編〜」についての記事はこちらです。

 

www.taro-asset.com